男性スタッフ

困った!鳩の駆除は業者に依頼|糞がもたらす多くの被害

ハチの被害から身を守る

ハチ

近所の公園などでハチに遭遇してしまった場合、近くに巣が無ければ特に慌てる必要はありません。単体でいるハチに関していえば、特に触ったりして刺激したりしなければ、まず刺されることはありません。ただ近くにハチの巣がある場合には、危険なのでその場から速やかに離れる必要があります。特にスズメバチの場合には、巣の側に近寄るだけで攻撃される危険もあります。移動中に周囲で羽音が聞こえたり、ハチが飛び回っている様子が見て取れたら、近くに巣があるかもしれません。急激に動くと刺激してしまうのでゆっくりとその場から立ち去りましょう。スズメバチの中には家の屋根裏などに巣を作るものもいるので、直接目では見えないところに巣がある可能性もあります。被害が出る前に退治する必要があるので、事前調査などを行ってくれる業者などに連絡して、ハチの巣があるかどうかを確認するのも一つの手です。

ハチには様々な仲間がいますが、一般的に知られているのはミツバチやアシナガバチ、そしてスズメバチなどの仲間です。ミツバチやアシナガバチは比較的おとなしい種類ですが、スズメバチの仲間は攻撃性が強く毒性も強いという特徴があります。またスズメバチには都会の生活に順応している種類もいるので、住宅に営巣するケースもあって業者などに退治の依頼も多く来ます。スズメバチを退治する場合には、相応の準備が必要です。小さめの巣で、目につく場所にあるものであれば素人でもハチ退治専用の殺虫剤などで対処できますが、大きくなると危険なので業者に依頼するのが基本になります。またスズメバチは攻撃性や毒性が強いだけでなく、殺虫剤などに対する耐毒性も強いという特徴もあります。そのため、専門の業者や行政に依頼した方が安全で確実です。